ペットのスペシャリスト

ロシアンブルー

日本国内には、動物の飼育について関心を持っている人が増加しており、これまでに動物に触れたことがない人にとっても、懐きやすい子犬や子猫などへの人気が高まっています。
そこで、全国のペットショップでは専属のブリーダーによる調教が行われており、初心者であってもすぐに飼育することができる状況までしつけをすることが大きな課題となっています。
特に、ブリーダーの役割については年々幅広い範囲にまで拡大しているとされ、様々なニーズを持った飼い主に適切なペットを提供することが大きな役割となっています。

信頼できるブリーダーを選ぶ

猫の顔

インターネット上では、ペットショップの選び方について、様々な年代の人々の体験談が掲載されており、身近な地域の店舗を利用するにあたって事前に情報を仕入れておくことが良いとされています。
中でも、優れたブリーダーが在籍しているペットショップにおいては、毎週のように大勢の来客があることで知られており、ペットの種類の特徴についてしっかりとアドバイスを受けることができるようになっています。
これまでのところ、ブリーダーの仕事の内容については、一般の消費者の間ではあまり知られているものではありませんが、調教に対する専門的な資格や経験を持っている人材については、全国のペットショップから必要とされています。
これからも、ペットの飼育を始める人が全国規模で増えることが期待されており、正しい飼育の方法についてブリーダーに相談をすることが望まれています。

注意点

タオルをかぶる

犬やネコなどのペットを飼う手段として、ペットショップから動物を飼って来る人は多いと思います。
別の手段として、ブリーダーから譲り受けたり、または保護施設などから譲り受ける方法もあります。
犬などを飼う際に気をつけたいのが、我が家ではその犬種が伸び伸びと過ごせる環境なのか、どのくらい大きくなるのか、餌代やシーツ代がどの位必要か、など様々な事を考慮してから迎えいれなければなりません。
そこで、ペットショップではあまり確認されませんが、ブリーダーから犬を譲り受ける際には厳しくチェックを受ける事があります。
ブリーダーはスタンダードに近い犬を作る事を目的としている人が多いので、無理な繁殖を行っている人も少なく、3~4世代前までの病気などの遺伝子や性格の気質などが分かっているのでより安心して犬を迎え入れる事が出来ます。

またペットショップでは出来ないですが、ブリーダーの中には、止むを得なく飼えなくなったら再度引き取る人もいます。ブリーダーの元で産まれた犬は親や兄弟と幼少期のおおよそ二ヶ月共に過ごして社会の教育をしっかり受けているので、犬同士の喧嘩などの悩みが少なくなります。
もちろん、ペットショップでもずっと檻に入って居る訳でなく広い部屋で何匹かで自由に遊ばせている所もあります。
しつけもある程度してある所もありますし、予防接種もきちんと済ませている所も多いです。
どちらから譲り受けるにせよ、ペットを飼う際は信頼できる人から譲り受ける事が大事です。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031